■2006/11/16(木) ピンケーブル考(3)とコメント再開

今回購入したのはいずれもピンケーブル(RCAケーブル)、つまりアンバランスケーブルですね。
これらはいずれもスタジオで一般的に使用されているケーブル(マイクやギター用等々)なのですが、それをオーディオに使用しようと言う訳なのです。
ケーブルと言えば、どうしてもオーディオ専用の高価な極太の製品を思い浮かべてしまいがちですが、逆に考えれば音の製作現場のクオリティを考慮すべきだと言う意見もあります。
私も基本的にその考えに賛成です。
まぁ、ここ辺りは本当に色々な考えが錯綜していますので、貧乏の私が選択した一つの考えだと思って頂きましょう。
一応、音的にはバランスケーブル(XLRケーブル)がいいだろうと言うことは分かってはいるのですが、まだまだ装置の環境がそれを許してくれません(苦笑)。
従って、今回はあくまでも”それなりの”レベルと言うことでご了承下さい。

購入したのは次の3種類のケーブルです。

(1)「ベルデン」8412+「ノイトリック」プラグ(1.5m)
米国ベルデン社の2芯タイプのケーブルです。
不思議なことにメーカー純正のピンケーブルはありません。
従って、ハンドメイドの製品を買う必要があります。
私は某オークションにて、有名な某氏より購入しました。
e0002472_1643643.jpg

某氏については一部ではいろいろ言われていますが、送られて来た品物を見る限り、そのような心配は杞憂のようです(笑)。
いずれにしても私の住む田舎ではなかなかお目にかかれないものです。
自作も面倒くさいしかえってコストがかかると思われますので、このような購入方法が一般的かと考えます。
早速、CDプレーヤーとアンプの間につないでみましたが、まだエージングが必要な印象ですのでインプレッションにつきましては今しばらくお待ち下さいね。
e0002472_1644104.jpg

巷の評価では「透明感が増す、低域の馬力が出る、高音のエネルギーが増す」と言うようなことを聞きます。
尚、ノイトリックプラグは一般的な締め付けるタイプのプラグに近い効果が得られます。
つまり、プラグが大変きつめなのですね。
下手すれば接続する機器に傷が付くかもしれない、そんなレベルです。
しかしながら、シビアに考えれば本当はこれくらいのきつさが必要なのかも知れませんね。


(2)「モガミ」2534+「カナレ」プラグF-09(2m)
言わずと知れた国産メーカーの一つの製品。
コチラも某オークションのお世話になりましたが、非常に丁寧な対応が印象的な方でした。
(今後はこの方から買おうと思っております・笑)
e0002472_1641511.jpg

こちらも純正製品は出ていません。
そのため前述ベルデン同様、ガレージメーカーは勿論、個人の入り込む余地があるのでしょう。
中身は4芯構造(いわゆるスタッカードタイプ)となっており、見るからに情報量が多そうです。
その割りにケーブル自体は細めで柔らかく、取り回しも楽そう。
これに同じく日本のカナレ社製のプラグ「F-09」を組み合わせました。
まぁ、結構一般的な組み合わせかも知れませんが、プラグが上記ノイトリックに比べるとやや緩めではあります。
果たしてこれが音に影響するのでしょうか?
使いやすさは大いに歓迎されるところでしょうが、心情的にちょっと心許ない気が(僅かながら)しないわけではありません・・・。
e0002472_16422672.jpg

音的には「レンジが広い、刺激的な音がしない、とにかく無色透明」等の魅力あふれる表現が目につきます。
現在、これはDVDレコーダーの視聴に活躍中です。
機会を設けてCDプレーヤーを使った試聴を行いたいと考えております。


(3)「カナレ」4E6S+「カナレ」プラグF-09(2m)
この組み合わせはある意味「黄金の組み合わせ」ではないでしょうか。
国産同一メーカーの製品同士です。
しかし、こちらも純正の製品は販売されていません。
これも某オークションの個人の方から購入しました。
e0002472_16403253.jpg

プラグは締め付けるタイプの「F-10」も選べたのですがオーソドックスな「F-09」にしました。
けれども多少の緩さを感じるには上記と同じです。
このケーブルもモガミ2534と同じく4芯構造で、思わず期待しちゃいそうです。
又、意外なくらいの細さと取り回しの良さもモガミ2534と同じです。
e0002472_1641541.jpg

ただ、音的には「モガミ2534」よりはややレンジが狭いと言われています。
特に高域はやや”ハイ落ち”になると言う評判なのですがどんなものなのでしょうか・・・。
ちなみにこれはまだ来たばかりで、まだ使用してはおりません。
前述の通り、比較試聴をしてみたいと考えております。

ベルデン社日本代理店:完実電気株式会社のサイトはこちら。
モガミ電線株式会社のサイトはこちら。
カナレ電気株式会社のサイトはこちら。

尚、本日から皆様からのコメントの受付を再開しました。
皆様のご意見、ご感想を宜しくお願い致します。
[PR]
by danna307 | 2006-11-16 16:44