■2012/12/03(月) 鹿屋オーケストラ第11回定期公演 

昨日は久しぶりにオーケストラの演奏を聴いた。

それも地元のオケ。
元々は市民の楽団として組織されたものらしいが、年月の経過とともに、力量も上がり、本格的なオケを目指して格上げされたようだ。

当日の演奏曲目は次の通り。

★エグモント序曲(ベートーヴェン)
★ヴァイオリン協奏曲(メンデルスゾーン)
★交響曲第1番(ブラームス)

お分かりの通り、古典~ロマン派の珠玉の名曲たちである。
今回の力の入れようが分かろうと言うもの。

あいにくの天気の中、14時開演。
それからおよそ2時間にわたって、熱のこもった演奏が繰り広げられた。
入場料は無料であったが、予想以上にまとまった素晴らしい演奏だったと思う。
上記の曲特有の、複雑精緻なハーモニーを存分に堪能させてもらった。

同楽団の今後に期待したい。
e0002472_1942886.jpg

[PR]
by danna307 | 2012-12-03 19:05