■2010/12/06(月) 「パナメーラ」に遭遇した

今日は街中で「パナメーラ」に遭遇した。
そう、ポルシェの4ドアサルーンだ。
なかなか見かけないとは感じていたが、調べてみると我が国へは昨年秋に導入していたらしい。

近くで見ると、結構なボリュームである。
かの「カイエン」を連想させる。
学生時代、ベンツのSクラスが”ヌ~ッ”とまるで蛇の様に大通りに出て来る姿に良く見とれたものだ。
ある意味、そのような印象を今回も持った。

帰宅後、内装関係も調べてみた。
う~ん・・・。
ポルシェも変わったなぁ、と思う。

これは良い悪いの問題では決してない。
好きな人、買える人が乗ればいい、それだけのことだ。
私になど、このクルマに対してあれこれ言える立場では毛頭ない。
そして、このようなクルマに乗れる人々に対し、私は限りない尊敬と賞賛を送るだろう。

ただ、これだけは言える。
私にとってはプジョー車の方が遥かに心地よいだろう、と。
嗚呼、クルマの世界は何と”相対的”なのだろうか!!

これは全てのクルマ好きにとって、実に素晴らしいことだと私は思う。
e0002472_13244846.jpg

[PR]
by danna307 | 2010-12-06 23:08 | クルマ