■2009/06/15(月) MT車絶滅の危機

プジョーと言うメーカーはこれまでプジョー・シトロエン・ジャポン(以下PCJ)の方針もあって、なかなか個性的な戦略を展開して来た。

まず、そのラインナップ。
端正なルックスと実用性溢れるクルマ達。
一方、美しいシルエットはそのままに、贅沢に振ったクーペやセダン。
機能性一辺倒の昨今の状況に、ほんの僅かではあるが静かな存在感を主張して来た。

又、一貫してMT車を用意して来たことも特筆される。
AT車が圧倒的なシェアを誇る我が国において、セールス的には無意味に近いこのようなクルマを何の躊躇もなく、カタログモデルとして販売して来た。
それは美しいカタチのクルマとしてのイメージに更なるスポーティと言う装飾を加えて来た訳だ。
よって、プジョーと言うメーカーは、あたかも”本当のクルマ好き”が選択する、なかなか程よい価格レンジのクルマ・・・と認識されて来たと言って良い。

少なくともこの春あたりまでは。

しかしながら、このところのPCJの販売戦略に少しばかり落胆している。
それは「207」シリーズと「308」シリーズのMT車の導入を中止することに対してである(注:本文最後の「追記」をご参照願いたい)。

所謂”プレミアム路線”に舵を切るのも良かろう。
従来の薄利多売方式からドイツ式の高付加価値方式に転換したい気持ちは分からないではない。
このような製造ポリシーの変更は10年程度やってみてから判断しなければならないと思う。
ただ、個人的にプジョーの”最後の砦”的なイメージであるMT車の選択肢は絶対に残すべきではないか。
それは別に常時販売する必要はない。
オーダー毎に本国へ注文する体制で良いのである。
今のPCJにはそう言う余裕さえ無いのだろうか・・・。

このままでは我が国における同社の雲行きはますます厳しいものになるばかりだろう。

ここ数年、我が国でプジョー車の販売実績は芳しくない。
今のプジョー車の何がいけないのか。
何が支持されているのか。
PCJには今一度、その2点をしっかり考えて頂きたいと思う。

日本市場が”捨て鉢”にならない為にも!


★6月17日追記
本記事中で「207及び308シリーズから全てのMT車が消える」ような表現がありました。
正確には両車種ともトップグレードのMT車の販売は存続する模様です。
但し、「308プレミアム」と「207」と言う、普通のグレードのMT車について上記のような見通しである旨、信頼出来る筋からお聞きしております。
本記事において、一部誤解が生じるような表現があったことをお詫び致します。
尚、PCJのオフィシャルサイト及び同社からの本件に関する正式なアナウンスは本日現在ありませんのでご留意願います。
Commented by r.h.2000 at 2009-06-16 09:38
danna様の御指摘
いつも、説得力のあるもので、「うむうむ」と頷かされてばかりです

「207」「308」から、MTモデルが落ちてしまうのは
非常に残念ですね
私は、全くその事を知りませんでした

最近のプジョーのプレミアム路線への販売方針の転換と思われる変化
確かに、理解出来ないわけではありません
しかし、そこには既にメルセデスなど、確固たる地位を確立している
メーカーがあるわけで、そこに割って入るのが難しい事は
日本市場でアウディが、過去苦戦し続けていた事を見ても
ハッキリしています
今でこそ、アウディの洗練されたデザイン、技術の素晴らしさが
ようやく浸透し始め、販売台数も伸び始めていますが。。。
また、VWが、プレミアム路線に舵を切りましたが
結局原点回帰せざるを得なくなった事も、目の当たりにしました

プジョーは、コアなファンを大切にしていただきたいです
プレミアム路線への舵取りは
他のメーカーの失敗や苦労をしっかりとリサーチしてからだと思います
Commented by gosyurin at 2009-06-16 09:55
同感です。
プジョーはプレミアムブランドではありません。

Yahoo!でもエキサイトでもバナー広告を頻繁にみるのですが、実績に全く結び付いていませんね。
もうちょい考えてもらいたいもんです。

あと納車に時間が掛かっても良いので、バリエーションを増やした方がいいと思うのですが。
Commented by じゅん at 2009-06-16 15:41 x
207と308からMTがカタログアウトするのは、まだ知りませんでした。プレミアム化の路線は、それはそれで一つの道かもしれませんが、あの4速ATでプレミアム化するとすれば、それは単なるお笑いかと。プレミアムというのであれば、最低でも5速、実際は6速じゃないと厳しいでしょうね。
メルセデスやBMW、アウディといったドイツ高級車には残念ながら太刀打ちできないのが実情であり、その土俵で勝負しないことが、プジョーらしさに繋がると思うのですが・・・・。

少なくとも207はプレミアムではありませんよ。あのクラスまでを入門編としておいて、購入した客を大切にしながらであれば、308や407がプレミアム化することには異を挟みません。が、全体をプレミアム化することは日本においてプジョーというメーカーが置かれた現状を全く認識していないとしか思えません。残念です。
Commented by reoreojp at 2009-06-16 22:50
308プレミアム6MTが発売された時、プジョーを見直したのですが、
思ったより売れないとの理由で、たった4ヵ月で販売終了とは。失望です。


Commented by 海鮮丼太郎 at 2009-06-17 13:10 x
ありゃ、どこかで発表されましたかね?
当方その件知りませんでしたです。
Commented by danna307 at 2009-06-19 09:52
★r.hさん
お言葉、誠に有難うございます。
まぁ、メーカーとインポーターの意向次第なので・・・。
ただ、仰る通りコアなファンを大切にすることが肝要だと私も思いますね。
Commented by danna307 at 2009-06-19 09:54
★gosyurinさん
プジョーはプレミアムブランドではない・・・それが全てを物語っているような気がします。
メーカーサイドの気持ちは良く分かるのですが。
下手すると北米市場の如くなってしまうのでしょうか。
Commented by danna307 at 2009-06-19 09:55
★じゅんさん
>ドイツ高級車には残念ながら太刀打ちできないのが実情であり、その土俵で勝負しないことが、プジョーらしさに繋がる・・・
まさにその通り!
まぁ、外野でワイワイ言っても仕方がないのでしょうかねぇ。
Commented by danna307 at 2009-06-19 09:57
★海鮮丼太郎さん
いつも拝見しております。
一部トップグレード以外は導入が中止されるのは間違いない模様です。
まぁ、このような”ネタ”でインポーターの意向が翻ることがあれば良いのですが・・・。
Commented by danna307 at 2009-06-19 10:03
★reoreojpさん
私も308プレミアムの6MTには期待しておりました。
既に国内在庫は殆ど残っていないと思います。
果たして何台売れたのでしょうか・・・。
Commented by 柳生なんじゃそら斎 at 2009-06-20 14:10 x
6MTが発売された時は賞賛したい気持ちでしたが…
拙者も仕事で車に乗る時は常にMT乗りですから、基本的にMTは好きですよ。

昨年後半以降のPEUGEOTの登録台数の推移を見れば分かると思いますが、他車メーカーと比較しても酷いものです…
今のところは、完全に失敗ですね…(>_<)
Commented by 山田 at 2009-06-23 21:55 x
gosyurinさんの言われるように、ボディーカラーも本国では色数が多いので、自分の好きな色をオーダー出来たらよいですよね。
自分の好きな色がオーダー出来るならば、6ヶ月だって待てますものね。
ここまで、販売台数が減ってしまったのは、やはり価格が上がってしまったことです。
307は絶妙な価格でした。
308は高すぎます。
Commented by danna307 at 2009-06-24 23:37
★柳生さん
お仕事では常にMT乗りですか!
あのダイレクト感はやはりたまりませんよね。
>今のところは、完全に失敗ですね・・・
う~ん。
結果が全てでしょうしね。
PCJさんには頑張って頂きたい・・・それだけです。
Commented by danna307 at 2009-06-24 23:40
★山田さん
お元気そうで何よりです。
仰る通り、ボディカラーは何とかして頂きたい分野ですね。
>307は絶妙な価格でした。
全く同感です。
まぁ、安過ぎたんでしょうか。
でも、今は確かに割高感は否めませんね。
6MTと6ATをどんどん出して30万円ほど値下げしてくれればもう少し上向くでしょうけれども。
by danna307 | 2009-06-15 23:34 | クルマ | Comments(14)