■2009/06/03(水) 鹿児島市内出張

昨日は鹿児島市内へ日帰り出張だった。
仕事柄、月に1回はこのような出張がある。
ただ、当地からは3時間弱かかる為、ほぼ1日がかりのものとなってしまう。
それでも、通常は桜島桟橋にクルマを停めて、後はフェリー&徒歩で用事を済ませる。
従って、2時間ほど歩き回ることになるので体には大変良い。

さて、私が凡そ四半世紀前に学生時代を過ごした鹿児島市内であるが、当時からすれば町並みが大きく変わった。
それを一言で表現するならば「都会的になった。洗練された町並みになった」となろう。
近代的な高層ビルが幾つも建ち、道路は整備され、お洒落で個性的なお店や全国チェーンのお店が増え、個人商店は激減した一方、街行く人々はとても素敵になったような印象を受ける。

田舎にいれば、県都のこのような些細な刺激さえ享受出来ないのだ(苦笑)。

確かに慌しい毎日から解放された生活はそれはそれでなかなか良いものがある。
けれども、人間、そのままでは色々な部分が弛緩してしまいがちである。
従って、たまには(月1回くらい)都市部に足を伸ばして、喧騒の中に自分を置くことは必要だと思う。
そうすることによって、精神的なバランスを保つのだ。
e0002472_932479.jpg

[PR]
by danna307 | 2009-06-03 23:52