「ほっ」と。キャンペーン

私のブログに対する考え方は「美しい写真を添えて見て下さる方のイメージを高める」と言うものだ。
従って、ここに掲載する画像は少しでも綺麗で、その情報量も多いモノとしたい訳だ。

今回、色々試行錯誤した結果、画像の表示サイズを僅かながら大きくすることが出来た。
簡単に言えば「横幅」を拡大出来たのだ。
今までは最大700ピクセル。
これを最大770ピクセルとした。

前回と同じフォトを掲載させて頂く。
サイズの変化を体感して頂ければ、望外の幸いである(笑)。
e0002472_22145483.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-10-09 22:15 | Comments(0)

私の現在の使用中の携帯電話は、パナソニックの「LUMIX P-05C」であることは既にお伝えした。
このモデルに決めた理由は、カメラ性能が突出していたように思われたこと。
その性能は予想通りで、個人的には大いに満足している。
とにかく、携帯で撮影したとは思えない程の綺麗な写真が撮れることがある。
使い勝手の良さも含めて、高い評価をしたいところだ。

この際、筺体の作りがイマイチな点は目をつぶろう。
けれども、幾つかの欠点と思われる部分があるのも事実だ。

まず、発色が好みで無い。
青空が黄色っぽい。
緑が黄緑っぽい。
そこ辺りに少々、違和感を覚える。

「現像ソフトで修正すればいいじゃないか」
そう言う声が聞こえてきそうだ。

まぁ、携帯で撮った写真まで修正をかける必要はあるまい。
あくまでも手軽さが身上だと思うのだ。
パナの製品はデジカメの世界でも同様の傾向があるようなので、コレはコレで致し方ないのだろう。

もう一つの欠点は、メールが打ちにくいところだ。
これは文字変換の仕方によるのだろう。
まぁ、これも仕様なので仕方がない。
スマートフォンよりマシだと言う気がするので、我慢して使い続けることにしよう。

さて、最近「P-05C」には優れた機能があることが分かった。
それは「水準器」が搭載されていると言うことだ。
へぇ、そんなモノが!
「水準器」と言えば、撮影時の水平を表示するガイド機能のこと。
そんな機能は、デジイチ等本格的なモデルしか搭載されていないのが普通である。
いや、デジイチでも無いものがある。
その点、この機種は素晴らしいと思う。
ただ、実際に使ってみると、ちょっと微妙ではある(笑)。
少々、鋭敏過ぎる嫌いがあるのだ。
まぁ、これも仕様なので仕方がないけれども、無いよりあった方が遥かに良い。
もう少し使い込んで、クセを知らなければ!
e0002472_7154883.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-10-02 22:29 | Comments(0)

今日は月曜日だが、娘は運動会の代休。
天気も大変良かったので、彼女を連れて一日ドライブした。

台風一過とはまさにこのことで、本当に良く晴れていた。

★某レストランで豪勢に食事。
★海沿いの美しい道路をゆったりドライブ。
★誰もいないとても綺麗な海水浴場で水遊び。
★南下して海岸のキャンプ場を探索。
★某家具店にてベッド等を検討。

とまぁ、盛り沢山(笑)。
いつもとは少々異なる日程ではあったようだが、彼女なりに大いに満足した様子。

娘よ、又行こう!
e0002472_16285796.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-10-01 23:17 | 生活&人生 | Comments(2)

今日は娘の運動会が無事に開催された。
ちょうど台風17号の通過時刻に当たっており、開催が危ぶまれたが、蓋を開けてみれば雨は早朝で上がり昼前からは絶好のコンディションとなった。

娘は小学校2年生。
彼女なりに精一杯、頑張っていた。

妻はクラスの役員をしていた関係で、最後まで色々大変だったらしい。
加えて、家族用は勿論、親御さんや兄弟姉妹、甥姪分まで沢山のお弁当を作ってくれた。
彼女には改めて、「有難う!」と言いたい。

今年の運動会は色々な意味で、とても良かったと思う。
e0002472_16154610.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-09-30 23:08 | 生活&人生 | Comments(0)

「みんぽす モノフェローズ」からメールの返事が来た。
結論から言えば、今回は不可。
要するに先方さんの「規定」に達していなかったのだ。

考えてみれば、もっともなこと。

今回は縁が無かったこととして、潔くあきらめたいと思う。
残念、残念。
[PR]
# by danna307 | 2012-09-26 22:46 | Comments(0)

去る20日、プジョー「208」の我が国への導入が発表された。

ラインナップは次の4種類。

★「アリュール」(3ドア5MT) → 1.2L直3DOHC → 199万円
★GT(3ドア6MT) → 1.6LDOHC直4ターボ → 258万円
★プレミアム(5ドア4AT) → 1.6L直4DOHC → 216万円
★シエロ(同) → 同 → 240万円

今回(207から)のモデルチェンジで目立つ点は、全長が4mを切る大きさとなったこと。
又、全車100kg前後の軽量化に成功していること。
更には新開発の直3DOHCエンジンが搭載されること(導入時にまず「アリュール」のみ)等があげられる。

発表当初はトヨタ然としたエクステリアに「?」の印象を禁じ得なかった私だが、今もう一度見直すと「これもアリか」と感じてしまうのが何とも不思議である(笑)。
個人的には最もシンプル(&安価)な「アリュール」に大きな期待を抱いているが、発売が12月なので今のところは何とも言いようがないのが正直なところだ。
その他は11月発売予定となっている。

何れにしても、余計な装備は極力排した、シンプルなモデルを供給して頂きたい。
(現在の情報では、最小回転半径が5.4mであることと、クルーズコントロールが標準搭載されることがイマイチに感じている点である・・・。)

↓の画像は「web CG」よりお借りした。
記事も是非、お読み頂きたい。
e0002472_21362424.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-09-22 21:37 | クルマ | Comments(6)

私が定期巡回させて頂いている某ブログで良く目にするサービス。
それは「みんぽす」さんが運営している「モノフェローズ」と言うもの。

上記某ブログでは今回、何と「FUJIFILM X-Pro1」の貸与を受けていらっしゃった!
ありゃあ、これは素晴らしい。
私もこのサービスに応募してみたい、と思うのが自然な流れだろう(笑)。

そう言う訳でこのサービスに応募してみた。
少しだけ楽しみだ。
[PR]
# by danna307 | 2012-09-16 22:18 | Comments(0)

先日、「Golf 7」が発表された。

個人的にその完成度に舌を巻いた「6」の発売から僅か4年である。
確かに「6」は「5」のビッグマイナーチェンジだったろう。
今回は全てを一新したらしい。

そのボディサイドに走るプレスラインが妙に懐かしい。
これは、まさに「2」のイメージではないのか?
どうやら、VWは本気で先祖返りを意図しているような気がする・・・。

まぁ、何れにしても「7」の発売は大いに楽しみなところである。

尚、画像は「autoblog」からお借りした。
e0002472_2257389.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-09-10 22:51 | クルマ | Comments(0)

現在の我が愛車は「キューブ」である。
当ブログをご覧の方々は既にご存知かと思うが、私は2010年3月に「プジョー307」を降りた。
それ以来だから、はやいもので2年半が経過したことになる。
その間、順調に走行距離も伸び、14万キロを突破した。
にもかかわらず、流石は国産車、どこも壊れない(笑)。
何はともあれ、これは凄いことだと思う。

コンパクトな車体。
広い室内。
可倒式のリアシート。
峡路で重宝する取り回し(最小回転半径4.4mは凄い!)。
まずまずの燃費。
比較的フラットな乗り心地(但し、カーブを除く)。

このクルマの美点を挙げればキリがないくらいだ(笑)。
燃費は正直、期待した程ではないが、まぁ、許容範囲だろう。

しかしながら、一つだけどうしても許せない点がある。
それは、不自然なロールをすることだ。
これだけ良いクルマなのに、肝心なこの部分はバツだと感じる。
やはり、コストの関係なのか。
イメージとしては、軽自動車の不自然なそれを連想して頂くと良いと思う。
踏ん張って欲しい、と思うところで、腰砕けっぽく「ズズズ・・・」と沈み込む、あの感じなのだ。
これはとても疲れる。

私がこれまで乗り継いで来たクルマたち、例えば「ゴルフ」「オペル」「プジョー」等はその部分のアプローチはある意味、完璧だった。
だからこそ、こうした違和感があるのだろうと思う。
個人的には、このロールだけ対策を施して頂ければ、上記ヨーロッパ車と互角に渡り合える実力の持ち主なのだが。
本当に勿体無い。

このように感じるのは私だけだろうか?

★2012年9月23日追記
約5年前にも詳細なインプレを綴っていたことを思い出した。
こちらも是非、ご覧頂きたい。
e0002472_21514579.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-09-08 23:01 | Comments(0)

今日から9月。
当地は相変わらず猛暑の毎日が続いている。

さて、はやいもので娘は8歳である。
日々成長し、言うことも一人前だ(笑)。
ずっと言い続けて来た「室内犬を飼う」夢も既に実現し、彼女は次なる野望に燃えている。
その野望とは?
自分の部屋を自分の思い通りのレイアウトにし、自分専用のベッドを置くことなのだ。

勿論、我が家には彼女専用のベッド等ない!
そこで早速、候補の品定めと相成った。
お店は「ニトリ」。
小1時間程「ああでもない、こうでもない」と彼女なりに悩んでいる様子。

娘よ、まだまだ時間はある。
ベッドは逃げないよ(笑)。
ゆっくり考えてくれ。
e0002472_2119142.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-09-01 23:10 | 生活&人生 | Comments(0)