今日は仕事で水俣へ。
九州道で八代へ出て、南下するルートも考えたが、国分から伊佐へ出る方がベターだと言うことが分かった。

田舎の風景はいいね。
e0002472_23312367.jpg

所要時間は慣れないこともあり、往復で7時間弱。
走行距離は370km。
[PR]
# by danna307 | 2013-01-30 23:27 | Comments(0)

つい先日、ラジオを聴いていて驚いた。
何と「プジョー鹿児島」が2月1日にグランドオープンすると言う。
私は割とラジオを聴く方だと思うのだが、この情報はノーチェックだった。
何はともあれ、大変喜ばしい事だと思う。

鹿児島からプジョーのお店が姿を消してから何年になるだろうか。
ひょっとしたら、10年位にはなるのかも知れない。
いやぁ、この間プジョーにとって”冬の時代”だったと言えよう。

さて、グランドオープンの日を楽しみにしつつ・・・。
頑張ってね、「プジョー鹿児島」さん!
e0002472_13563755.jpg

[PR]
# by danna307 | 2013-01-27 13:56 | クルマ | Comments(0)

今日は鹿児島市内へと赴く。

今月はこれで3回目だ。
忙しいことは良い事だと思うのだが(苦笑)。
今日は特に寒かった。

せっかくの出張なので「あっち」へ行ったり「こっち」へ寄り道したり。
まぁ、有意義な時間を過ごしたのは言うまでも無い。

鹿児島中央駅(旧鹿児島西駅)前に昨年秋にオープンした「ソラリア西鉄ホテル鹿児島」を見上げる。
ここ10年で鹿児島市内も大きく変わった・・・。
e0002472_13355621.jpg

[PR]
# by danna307 | 2013-01-25 23:32 | Comments(0)

今日は家族3人で都城市の「たなかフルーツ」に赴いた。
目的はここのフルーツパフェを食すること。

このお店を知って何年経つだろうか(笑)。
今日、ようやく名物のパフェを食べることが出来て感無量である。

↓私がオーダーした「フルーツパフェ」、とにかくその素材感が素晴らしい。再訪間違いなし!
e0002472_22271964.jpg

↓こちらは娘が注文した「いちごパフェ」(少し食べちゃったのはご愛敬)。こちらも素晴らしい!!
e0002472_22291823.jpg

e0002472_13272579.jpg

「餅は餅屋」とは良く言ったもので、個人的に、このような専門店の存在意義が良く分かった次第。
一般のファミリーレストランとは一線を画するその素晴らしさは、一度触れると病みつきになること間違いない。
驚くばかりの素材感とプライドを持った商品力に、ただただ圧倒された私であった。

又、行きたい!
[PR]
# by danna307 | 2013-01-12 23:23 | Comments(0)

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
皆さまにとって、この一年が更なる良い年になりますよう、心より祈願致します。

そう言う訳で、2013年が明けた。

今日から仕事開始である。
まぁ、殆どやることはないのだが(笑)。

けれども、今年はちょっと違う。
いや、違う、と思いたい。
そう思いつつ、”ゲン”を担ぐ意味で「三七十庵」に赴く。
今年、最初の外食。
そして、いつもの「田舎そば定食」を頂く。
e0002472_2337355.jpg

新年早々、お店はいつもの賑わいである。
この雰囲気、いつ来ても素晴らしい。

今年は充実した年になりそうな気がするね!
[PR]
# by danna307 | 2013-01-04 23:30 | Comments(2)

今日で2012年が終わる。

個人的に今年はまさに”激動の1年”だった。
この1年間は一生忘れることはないだろう。
けれども、基本的な路線は大きく良い方向に変わった。
これは非常に喜ばしいことだと思う。
又、私自身、約1年間の逆境から多くのことを学んだ。
これも大変有意義なことだったと感じる。

「逆境は人を鍛える」
その通りだと痛感する。
来年はその糧を十二分に活かしていきたい。

さて、皆さんの2012年は如何だっただろうか。
人生、良いことばかりではない。
一方、悪いことばかりでもない。
大切なことは、各々の納得であろう。
何より、本人の意思は絶対的なものだと思う。

2013年が皆さんにとって、更なる飛躍の年であることを祈願したい。
e0002472_1342454.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-12-31 13:05 | Comments(6)

昨日は月一度の鹿児島出張だった。
勿論、日帰り(笑)。
今回は夕方からだったので、帰路、有名なイルミネーションを撮影して来た。
でも、今年は何となく華やかさがないように感じられた。
やはり、景気がイマイチなせいなのか。
e0002472_7544852.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-12-12 07:55

前回、当地のオケの件を書いたところ、ご覧になった方からお尋ね頂いた。
良い機会なので、私なりの見解等を記しておきたいと思う。
尚、前もってお断りしておくが、この記事はあくまでも個人的考察に基づいて綴ったものであることをご承知願いたい。

実は、このオケに関して、その誕生前後のお話は多少聞き知っている。
それ以来、確実に年月は流れこのオケもある意味生まれ変わったと言える。
当初は、あくまでも「市民レベルでの楽団を」と言うものだった、と記憶している。
簡単に言えば、皆生粋のアマチュアだった訳だ。
それが7年くらい続いただろうか。
しかしながら、その間、私は演奏会に足を運ぶことは1回も無かった。

プログラムも交響曲のある楽章のみ、と言うケースが多かった。
それはそうだろう。
殆ど素人の集団が例えば50分ものシンフォニーを弾き切ることはどだい無理がある話だ。
けれども、時間の経過とともに楽団の骨格は着実に形成されて行ったであろうことは間違いない。
ただ、時間が必要だったのだ。

そして、3年程前からだろうか。
交響曲も全楽章を演奏するようになった、と聞いた。
これは凄いことだ。
長足10年程度で、ここまで進歩するとは!
楽団及び関係者の方々のご苦労は、並大抵のものではなかっただろう。
因みに、昨年の定期演奏会ではベートーヴェンの7番を演奏したらしい。
うかつにも知らなかった。
是非、聴いてみたかった。

そして、今年。
お伝えした通り「ブラ1」や「エグモント」、はたまた華麗なソリストを迎え「メンコン」までも!
これを快挙と言わず、何と言おう。
約2時間の演奏会があっという間に終了してしまったことを、私は正直に告白しなければならない。
それほど、演奏は素晴らしかった。
勿論、絶対的に足りない部分もあろうと思う。
けれども、そのような”理屈”を超えた演奏も成り立つのが音楽芸術の面白い所だと言えよう。
e0002472_21535540.jpg

このオケも会場に使用料を払っているのは間違いない。
そして、ゲネプロ時は勿論のこと、相当量の練習にもいくばくかのお金が使われているのも想像に難くない。
加えて、今回の定演のように、より多くの経費が使われることもあろう。
そこで、当然スポンサー探しが重要になる訳だ。

上記パンフレット(無料配布)をご覧頂ければお分かりと思うが、その表紙には地元メディアを中心に立派なスポンサーの名前が列記されている。
営業担当の方のご苦労が伺い知れるところだ。
又、パンフレット内にも協賛広告が掲載されている。
結論から言えば、このような多くの方々のご苦労によってこのコンサート及びオケの活動が支えられているのだ。
まぁ、全く”外野”の私としては、本当に頭の下がる思いである。

最後に、入場料について少しだけ触れてみたい。
このオケの定演その他は、今まですべて無料だったはずだ。
勿論、今回もそうだった。
けれども、私も(質問して下さった方と同じく)少しでいいので入場料を設定しても良いのではないか、と思うのだ。
相場としては300円程度だろうか。
何事も”無料”には限界があり、必要以上の無理があると感じる。
ここまでレベルが上がって来たのであれば、オケ自身の向上の為にも、そのような”縛り”を設けた方が良いように思われる。
勿論、現場では色々な問題が発生するかも知れぬ。
しかしながら、ある程度の有料化は避けて通れないものだろう。

と言う訳で、今回の「かのやオーケストラ」の定演を聴く機会を得て、様々なことを考えた私であった。
これからの同楽団のますますの発展を心から願うばかりである。
[PR]
# by danna307 | 2012-12-07 21:53 | Comments(4)

昨日は久しぶりにオーケストラの演奏を聴いた。

それも地元のオケ。
元々は市民の楽団として組織されたものらしいが、年月の経過とともに、力量も上がり、本格的なオケを目指して格上げされたようだ。

当日の演奏曲目は次の通り。

★エグモント序曲(ベートーヴェン)
★ヴァイオリン協奏曲(メンデルスゾーン)
★交響曲第1番(ブラームス)

お分かりの通り、古典~ロマン派の珠玉の名曲たちである。
今回の力の入れようが分かろうと言うもの。

あいにくの天気の中、14時開演。
それからおよそ2時間にわたって、熱のこもった演奏が繰り広げられた。
入場料は無料であったが、予想以上にまとまった素晴らしい演奏だったと思う。
上記の曲特有の、複雑精緻なハーモニーを存分に堪能させてもらった。

同楽団の今後に期待したい。
e0002472_1942886.jpg

[PR]
# by danna307 | 2012-12-03 19:05 | Comments(2)

今年もイチョウが色付く時期になった。
クルマで20分くらいの”名所”に赴く。
e0002472_18525487.jpg

e0002472_18533527.jpg

ああ、やっぱりいいねぇ。
ただ、最近気になるのは、黄色くなり切らないうちに落葉してしまう個体が結構散見されると言うこと。
これはどう言うことなのだろう。
[PR]
# by danna307 | 2012-11-24 23:50 | Comments(0)