■2006/3/12(日) これでウィンカートラブル解消?

日常307に乗っていて一番強く感じることは「品質・信頼性が大いに上がった」と言うことだ。
それは「205」や「405」の時代を良く知る者にとってはまさに雲泥の差だと言って良い。
けれども、そうは言っても素性はラテンのクルマ、些細なトラブルはまだまだ存在する。
その一つが電装系、私の場合はウィンカーに関するもの。
ウィンカーランプが「カチカチカチカチ・・・」と速点滅したり、外側では点滅してなかったりするトラブル。

これは安全に直結する問題なので、簡単に考える訳にはいかない。
メンテナンスの記録をご覧頂ければお分かりになると思うが、我が307は左右ともに数回修理してもらっている。

この1月にバッテリーを交換してから間もなく、再度左側が同じような症状となった。
オイル交換の時期でもあったので1月29日に診てもらうことにした。
今回ばかりは今後のことも考え(自分でもメンテすべく)て、BL宮崎さんにお願いして修理の過程を見学させてもらうことにした次第。
e0002472_1452515.jpg

元来、私はDIYのタイプではない。
けれども、こう頻発してはたまったものではない。

上の画像は携帯で撮影したので(手ブレがあって)少々見にくいがご容赦願いたい。
まぁ、この画像で大体お分かり頂けるだろう。
ウィンカー球をまわして手前に引っ張り出すとこのような状態。
そして接点が2つある。
肝要なのはこの接点の”いずれか”にハンダ盛りした後、その2つを研磨して元の場所に収めることなのだ。
(”両方”にハンダ盛りしてしまうと過電圧状態・・・つまりショート・・・になり易いとのこと。)
プジョー車のパーツには、たまに私たち日本人では考えられないような部分があるようで、ウィンカー球もその一つだと思われる。
つまり、接点が大変デリケート&いい加減なのだ(笑)。
設計者には彼等なりのポリシーがあるのだろうが・・・。
(このようなことは私は405でも経験しているので特に驚かない・苦笑)

とにかく、対処法は分かった。

しかし、今回はそれだけでは駄目だったのだ!
何と!ヘッドライトのパーツを交換する必要があるとのこと。
パーツ代だけで5万円を超えるらしい。
BL宮崎のK氏は散々テスターでチェックを繰り返した挙句、どうやらヘッドライトのパーツがくさいと睨んだらしい。
そして、結果はまさにその通りだったのだ!

結局、中古のパーツにて対処して頂いた。
料金もいたってリーズナブル!
実に良心的な対応をして下さったK氏に心より感謝したい。
おまけにヘッドライト内側の曇りも解消され、こちらとしても嬉しい限り。
かくして「キラキラお目目」が復活したのであった。

その日以来、このトラブルは再発していない。
左目が殆どだった(右目は確か1回のみ)ので、もともとヘッドライトのパーツに不具合があったのではないだろうか。
私としては、ようやくこの種のトラブルとはおさらば出来たのではないか、と思っている今日この頃である。
[PR]
by danna307 | 2006-03-11 23:52 | プジョー307XS