■2005/10/13(木) アエロナバル!

今日は「アエロナバル(3800ST/92/3W6 )」について書こうと思う。
これはブレゲ社の製品である。
腕時計好きの方ならきっとご存知の方もおいでだろう。
何を隠そう、これは私が今一番欲しい時計なのだ!

ブレゲ社については今更私が申すまでもないだろう。
この造形美!
この雰囲気!
かっこいい、の一言だ。
金属ブレス至上主義の私でも革ベルトで使用したいと思わせる・・・。
e0002472_08162.jpg

筐体側面の縦線の刻み模様もなかなかである。
ただ、この製品(と言ってもブレゲ製品全体がそうなのだが)大変繊細らしい。
普通の人の感覚からすれば、このような高価な製品なのだから”壊れない”のが当たり前だと思うだろう(注:高価とは言っても、ブレゲ社のラインナップでこれが最廉価の製品なのだから恐れ入る・苦笑)。
しかし、実際はその逆らしい(”らしい”と言うのは所有したことがない私の推測)のだ。
従って、ブライトリングのようなハードな使い方は全く不可だろう。
けれども、そのような繊細さを承知の上で身に付ける、と言う行為はさながら故障の可能性が非常に高いイタ車に毎日乗るようなものだ(笑)。
だから、それは本人的には”粋”の極みだろう。
男としてそのような生活が許されるものなら、一度はしてみたいと思う。

さて、この製品を手に入れる方法は二つ。
それは正規品と並行品のいずれかを取るかと言うことだ。
前者であれば80万前後、後者であれば50万前後。
う~ん、相変わらず正規品は高い!
私は正規品を買う主義なのだが、この私でさえも悩んでしまう・・・。

ところで、正規品を買うと言うことはその背後にある正規品ならではのサービスを買うことに他ならない。
従って、私にとってはロレックスの”バチモン”なんぞもってのほかなのである。
私はかねがねこのような”本物”を買う姿勢が真の心の豊かさ、余裕につながるのではないか、と思っているのだ。

まぁ、値段を気にすることなく「これ頂戴!」ってお店の人にさりげなくい言える身分・境遇になれるものならなりたいものだ(笑)。

★正規品のお店はこちらなんぞは如何?
★並行品のお店はこちらなんぞは如何?
[PR]
by danna307 | 2005-10-13 18:24 | 趣味全般 | Comments(0)